厳寒のソウル3泊4日の旅
4年ぶりに韓国へ! そして初めての羽田発!
新しい国際線ターミナルは、小規模ですが、
その分動きまわらずに済むのがいいですね。
帰りもエアポートリムジンで、サンシャインプリンスまでたったの35分!
そこから我が家までは2分ほどなので、
これからは羽田の利用が増えそうです^^

今回は、50年来の友人との二人旅です。
マイナス10℃以下という大寒波に襲われた韓国…。
その寒さを吹き飛ばすほど、元気にソウルを満喫してきました。

おいしい料理を頂いて、マッコリを飲んで、
あとはひたすら韓国ドラマ談義に花を咲かせて…。
楽しく充実した4日間を過ごせたように思います!

4年前も2月…。今度はもっと暖かい時期に行きたいなぁ…(^^)
観光
朝便でしたので、12時過ぎには金浦空港に到着、そこから地下鉄で安国駅まで。
お昼を食べ、宿に荷物を置いてから、北村韓屋村をのんびりと散策しました。


楽古斎のすぐ近くにあったカフェ!
何と「欲望の花火」のロケ地でした。

こんな感じの家並みが続きます。

高台なので、眺めも最高です。

帰り坂道からは、青瓦台がよく見えました。

途中で見つけて立ち寄った伝統茶屋。

韓屋を利用したギャラリーもおしゃれです。
詳細は、北村韓屋村公式サイト(日本語)で!   こちら(Kampoo:日本語)にも情報があります。
何カ所かある韓国案内所では、日本語のパンフレットも貰えます。

安国駅からまっすぐ北に延びる嘉会(カフェ)路を挟んで両側に点在する見物ポイント!
嘉会路を挟んで東側から上って行き、続いて西側のポイントを見ながら下りて来るのがベストです。
ずっと坂道なので、斎洞(チェドン)小学校横の北村観光案内所でマップをもらうといいですね。
そこで地図に印をつけてくれ、回る順番も書き込んでくれたので、私達は効率よく回ることができました。
撮影ポイントには、地面にマークがあります!
皆、同じような写真になっちゃいますけどね^^

最後は青瓦台・景福宮を眺める下り坂! ちょうど夕暮れ時でとても綺麗でした。
チャマシヌントゥル:차마시는 뜰(茶を飲む庭 )というカフェも、その途中偶然発見!

坂を下り精読図書館にぶつかるファゲギル通りには、オシャレなセレクトショップもいくつかあります。
友人はここで、素敵な手編み風のニットのコートをお買い上げ~♪
ニット帽がセールで6,000円なんていうショップもあり、東大門あたりと比べると若干お高めですけどね。








撮影ポイントのマーク!

2日目は、朝からロッテ免税店へ化粧品の買い出しに(^^) 1時間ほどで終了、
それからまだ行ったことがなかった狎鴎亭(アックジョン)のほうへ行ってみました。
行きは地下鉄、でも途中から地上を走るので凍った漢江が綺麗に見えました。

いやぁ、凄いんですねこの辺りは…、ブランド店がずらりと並んでいます。
でも通り自体は、銀座や青山とはだいぶ違い、かなり庶民的な雰囲気^^。
買い物するなら免税店より、ここのギャレリア百貨店のほうが品揃えがいいかもしれません。
狎鴎亭・清潭洞の詳細は、コネストで!

夕方は、前日ホテルで予約したショーJUMPを鑑賞しました。 JUMP公式サイト(日本語)
本当はNANTAを見たかったのですが、友人は既に見てしまったとのことでJUMPに。
セリフが少ない上に、会場に向かっては簡単な英語を使ってくれるので十分理解できます!
なかなか面白かったですよ。

場所は、鍾路シネコア劇場の地下2階 詳細はコネスト(こちらで予約もできるようです)
世宗ホテルでも、10%割引で予約してくれます。

3日目は、午前中はソウル駅のロッテマートへ! ちょっとブラブラしてから電車で水原へ出かけました。
目的は、水原華城 公式サイト(日本語)  ソウル近郊の世界遺産です。
2日間晴天が続きちょっと油断して傘も持たずに行ってしまったのですが、何と大雪に…(^^;)
大変な雪上行軍となったのです…。

立派な駅ビルにびっくり!
ブランド品もいろいろありましたよ^^

駅前はやはりローカルな感じです(^^)
まだ雪もそうひどくなかったのですが…。

水原駅発のシティーツアーバスの中。
華城のガイドDVDが流れています。

楽古斎で隣の部屋に泊まっていた若い韓国留学中の日本人カップルに聞いて予約したツアーです。
歩いて回ることも考えましたが、厳寒の中それは無理じゃないかと…。
ソウル発のバスツアーもありますが、渋滞など考えると電車で水原まで行くほうが便利だし、楽しいですね。
ムングファ号、セマウル号など韓国鉄道公社の列車なら30分、地下鉄でも1時間で到着します。
そこからバスで約3時間で華城を回る11,000ウォンのツアー。月曜を除き、毎日10:00と14:00出発。
ツアーの詳細、予約は、水原シティツアー!

しかし、まさかこんな悪天候になるとは…。
ちなみに日本語ツアーのはずでしたが、総勢10人ほど、英語、韓国語、日本語を一人のガイドさんがこなしていました(^^)

まずは坂道を上がって西将台へ。
結構急で、途中すべったり転んだり。

ここからの眺めは最高のはずですが…。
だんだん雪が激しくなって。

猛吹雪となり、ほとんど何も見えません。
かろうじてカメラには収まりました。

吹雪の中の唯一の2ショット!
二人とも越冬隊のような格好です^^

次は朝鮮時代最大の行宮!
1996年に復元されました。

チャングムの撮影場所だったとか^^

どんんどんひどくなる雪の中、
それでも元気なツアー客^^

すっかり雪に埋まってしまいました。

これは記念撮影用の米櫃!
中にはいるためのふみ台まで^^

ここまで来たところで、あまりの大雪にツアー続行不能となりました。
しかも道路は大渋滞、さらにあちこちで車が立ち往生していたため、予定時間の3時間を大幅に過ぎてやっと水原駅に到着!
思い出深い水原華宮となりましたが、結局ほとんど見ていないのでまた行かなくては(^^)

最終日の4日目は、快晴!
金浦20:00の便なので、午前中は2007年に修復の終わった景福宮へ行ってみました。

以前来た時には、塀で覆われていた光化門

王朝時代の衣装で雪かきをするスタッフ!

綺麗な青空ですが、顔が痛いほどの寒さでした。

雪に覆われ人もまばらな宮内。

氷に閉ざされた慶会楼。

香遠亭もこのとおり…!

踏道の鳳凰も雪に埋もれて。

交泰殿のオンドル煙突は可愛いいですね。

一般的なオンドル煙突(華城行宮のもの)

2006年に復元された乾清宮にはつららが!

ひっそりと静かな回楼。

寒い中、これから出番です(^^)
宿泊
1泊めは、「楽古斎」のオンドル部屋、ここは夕食・朝食が付いています!
楽古斎のHP(日本語)に直接メールをして予約しました。(韓国語で書きましたが、日本語で返事が^^)

築130年の韓屋です!思ったより狭い空間ですが、計算され尽くした設計。

夜はこんな感じにライトアップを!
いつもヘグムの音が流れて…。

私達はアンバンという部屋!
ヘンリーの部屋は改装によりなくなったとか。

すでに蒲団が敷いてありました。

床は大理石風の石張り!?

バスルームは現代風でした。

初日空港から真っすぐ安国駅まで行き、遅めの昼食を済ませてからここへ!
お茶をいただき一休みしてから北村韓屋村を散策し、夕食の時間に戻って来ました。
床はすべて石なのですが、熱過ぎずちょうどいいぬくもり。
外部とは薄い障子1枚ですが、オンドルだけでもまったく寒さを感じることはありませんでした。
楽古斎は基本的に、一泊二食付きの料金、それほど豪華な食事ではありませんが、とても美味しかったです。

夕食のメインは、カンジャンケジャン!

牡蠣のジョンや、焼き魚などいろいろ。

朝食は、アワビのお粥でした。

季節ごとにメニューが変わるようですが、
他の方のブログでも食事は基本的にこんな感じのようです。
とにかく美味しかったの一言、私達おばさん二人にはちょうどいい量でした。
室内の雰囲気を壊さぬよう、戸棚の中に冷蔵庫があります。
アンバンにはありませんでしたが、TVのある部屋もあるようです。

夜は、宿内にあるチムジルバンを進められたので、サウナは止めてそこへ。
同宿の素敵な日本人カップルと一緒になり、韓国留学中の彼女にいろいろとお話をしました。
彼もとても爽やかな若者で、とても楽しいチムジルバンとなりましたよ。
その後、近所のスーパーで買った焼酎とまっこりを(^^)
暖かいオンドル部屋で、友人と夜遅くまでドラマ談義に花を咲かせました。

入口のカギはこれだけ!?!
心配な方は泊まれません。

私達の部屋!何と扉が7枚も^^

夜中に降り積もった雪。アジュシが暗いうちから雪かきをしていました。

残り2泊は、明洞の世宗ホテル! 地下鉄の駅前という便利なロケーションでここにしました。
こちらもWEB上から予約しましたが、先にメンバー(無料)になっておくと通年30%引きとなります。
去年までは50%引きだったのですが…、残念(^^;)
世宗ホテルのHP(日本語)

私達の部屋(5階)からの眺め。

大型の液晶テレビもあります。

メンバーへは、ワインのプレゼントも!
古さは否めませんが、ベルの方々もすべて日本語を話し、とても親切。
ツアーや、チケットの手配もすべてここでしていただきました。
メンバーは、12時チェックイン、15時チェックアウトのサービスも付きますので、泊まるときにはメンバーになることをおススメします!
裏口はそのままセブンイレブンのお店の中に入り、明洞の通りに出られるのが便利でした^^ 特に雪の積もった季節には。
空港へのバスもホテル前に止まります!
渋滞が不安でしたが、帰りは荷物が重いのでここからバスを利用したところ、40分ほど。雪が降っていたのに地下鉄より早い!?!
そこそこの居住性、そして何よりも利便性を重視する方にいいホテルだと思います。

そしてゴロゴロするのがお好きなら、何といってもオンドル部屋が一番。
同じ広さのツインの部屋よりはるかに広く感じました
特に私達の宿泊した510号室は、明洞でありながら視界が遮られていませんのでおススメです!
あの薄っぺらな蒲団もかなり不安があったのですが、全然気にせず眠ることができました(笑)
食事
二人とも何度も来ているソウル、今回もあちこちで美味しいものをたっぷりいただきました。
事前にかなりの数のレストランをリストアップし、その詳細をプリントアウトしていったのですが、
とにかく食べるの大好きな親友の鶴の一声で、予定とはだいぶ違うものに…^^。
でもどれも美味しかったので結果オーライでした(^^)
メモ・写真を忘れたものもあるので、美味しかったものだけご紹介しておきます!

秘苑ソンカルグクス(비원 손 칼국수)
 ソウル市鍾路区園西洞160 
 02-744-4848  HP(韓国語)

近くにある宮中飲食研究院の先生や研究者も通うカルグクス(牛スープの麺)の名店だとか。
初めてのカルグクスは、シンプルであっさりとしているのに、深いコクのある味わいは癖になります。ここでは、チジミ、マンドゥも一緒に注文。友人のgoodなチョイスで、大満足のランチとなりました。
地下鉄安国駅から北に向かって坂を上り、斎洞小学校のところで右折、昌徳宮にぶつかる直前右側にあります。

チャマシヌントゥル(차마시는 뜰)
 ソウル市鍾路区三清洞35-169
 02-722-7006  お店の詳細(ソウルナビ)

偶然見つけて立ち寄ったのですが、かなり有名なお店のようです。
本当に寛げる空間で、北村韓屋村散策の疲れを取るのに最高のロケーション。
アールグレイ^^、ゆず茶、お汁粉をいただきました。

Coffe bene(카페베네)
 ソウル市中区明洞2街83-15
 02-3783-4700
 お店のHP(韓国語・英語)

ここもぶらっと立ち寄ったところ。
世宗ホテル裏セブンイレブンの真ん前です。
ワッフル(生地はプレーンとくるみの2種類)、そしてチリブレッドが美味しくて、本当は別に予定していたものを止めて、ここでの朝食を2日続けちゃいました^^。
他に東大門、狎鴎亭(アックジョン)ギャラリア前にもあります。24時間営業だとか…。
以前ブログに書いた覚えがあったので、帰国後調べてみたら、「クリスマスに雪が降るの?」のロケ地だったんですね。

DUOMO BOOKS & COOKS
 ソウル市鍾路区孝子洞40-2
 02-730-0902 お店のHP(韓国語)

カフェのようなカジュアルな雰囲気に、ちょっと躊躇いながら入ったお店ですが、韓国のイタリアンの質の高さに驚くほど美味しいお店でした。スタッフ、シェフ共に女性ばかり。
インテリアも器も素敵、たまにはソウルでイタリアンもいいのでは^^

本当は、FRAUで紹介されていたCA'DEL LUPOという韓屋イタリアンでのこの日のランチを予定、
が、前日当日とも営業時間外で電話が繋がらず、大丈夫だろうと直接行ってみたら、
12時から15時までのランチタイムは予約が一杯だったのです。
落ち着いた韓屋の建物、中は洋風にアレンジされて素敵な佇まいのこのレストラン…。
今回は韓国宮廷料理を止めて、韓国高級イタリアンと思ったのに残念でした。

ここは次回リベンジということでメモ!
景福宮の西側にあります。

ソウル市鍾路区孝子洞 39-1 TEL:02-734-5233

神仙ソルロンタン(신선설농탕)
 ソウル市中区明洞2街2-2
 02-777-4531 
 お店の詳細(コネスト)

すっかり忘れていましたが、最終日に偶然前を通りかかり、昼食後にもかかわらずお立ち寄り(^^)
お目当てのソルロンタンは、6,000ウォン!
カルグクスのスープと似ていますが、こちらのほうがコクがあったような…。
その他の食事!
左の写真は、狎鴎亭で通りがかりに見つけたタコ鍋の店。ハングルの看板に「辛」という漢字があったのですが…。
その名の通り、出てきた鍋には青トウガラシがどっさり入り、最初の一口は口がしびれるほど。
でも、慣れて来ると美味!綺麗にたいらげました。(店名、料理名、忘れました(^^;))
全然日本語・英語共に通じず、苦労しましたけどね^^
写真中・右は、水原駅ビルで食べたビビンパとチジミ!
水原カルビを食べる予定でしたが、雪だったことと水原カルビの店は皆駅から少し離れているとのことで、
仕方なく駅ビル6階のレストラン街でランチとなったもの。 でも美味しかったです。
旅を通して
やはり長年の友人、それも韓国通、食通、ドラマ通の友人との旅は楽しいものですね(^^)
そして4年ぶりのソウルは、以前とだいぶ違う印象、電車に乗っていても、周囲の人々のファッションなどもかなりオシャレになっていました。
厳寒の中、気ぐるみのようにあれこれ着こんでの移動でしたが、それで宿・食事、そして他のこともすべて大満足の旅…。
食べることと、買い物に終始して、ドラマ関連のお店には行きそびれたのが少し残念でした。
夜の東大門、仁寺洞も散策、もちろんエステのフルコースも行きましたよ!
次に行く時までには、韓国語が話せるようになりたいものです^^

      ⇒ 散策途中友人が見つけた日本の前衛芸術家・草間彌生のギャラリーのオブジェ!
参考書籍
久々のソウル行きということで、amazonで大量にガイドブックなどをポチっとしちゃいました。
全然役に立たないものも数冊ありましたが(^^;)…、それ以外のものをメモしておきます。
4022723920 コウケンテツ 僕の大好きな、ソウルのおいしいお店 (アサヒオリジナル) 朝日新聞出版 2010-02-19

人気料理研究家・コウケンテツが、「この料理なら、この店が最高!」と選び抜いたレストランガイド。
市場の情報などもあり、これからも私のバイブルになりそうな1冊。
カルグクスのお店は、ここから選んだものです。
4063794628 FRaU seoul ソウル 大人女子の旅! (講談社MOOK) 講談社 2010-06-30

オシャレなレストラン・カフェ、ホテルやスパ、そしてショッピングの情報まで。
ディープでコアな^^情報はありませんが、見ているだけでも優雅な気分になれます!
イタリアンの情報はここで得たもの。

4478059861 ソウルの歩き方 韓流トラベラー Vol.1 (地球の歩き方MOOK) ダイヤモンド社 010-10-14

「会える、ソウルの歩き方」という副題のついたMOOK.
K-POPや韓流スターの行きつけのレストラン・カフェの情報や、ロケ地などの案内がいっぱい!
結局時間切れで行けなかったのが残念(^^;)
4838785852 Casa BRUTUS Travel 2 ソウル・韓国 (マガジンハウスムック カーサブルータス・トラベル 2)
マガジンハウス 2010-07-21

建築に視点をおいたソウルガイド。
チャン・ヒョク、チョン・ウソンへのインタビュー記事などもあり、見ているだけで楽しい一冊。
4415109012 ソウルベストガイド 2011年版―パワーいっぱいの街で元気に食べる、遊ぶ!! 成美堂出版 2010-10-02

一般的なソウル観光ガイドですが、ソウルガイドにもかかわらず水原華城の詳しい解説があったので。
マップなどもとても見やすく便利な1冊でした。
4861357314 韓美通信 2 キレイになりたい女性のためのソウルビューティガイド マイウェイ出版 2010-10-29

最近のコスメ情報がいろいろと…(^^)
他に食事やショッピング、エンタテイメント情報も掲載されています。
 MOMO'S ROOM TOPへ