BALI TOP >>ブルガリホテル >> パブリックスペース

私達の宿泊したオーシャンクリフヴィラ No.15はスパのすぐ右隣にあり、とても便利なロケーション!
8ヘクタールという広大な敷地ですが、プールやレストランへはほぼ平坦な道路なので、カートを使わず歩いて行けます。

アライバル・パビリオン
2月17日、ヴィラ・アイル・バリのあるスミニャックから、わくわくしながら車で南に向かった私達、
バリで最初に降り立ったデンパサール空港を通り過ぎ、さらに南に30分ほど。
ようやくブルガリホテルのゲートが見えてきました。
ゲートはしっかりと閉められており、4、5人のセキュリティスタッフがニコリともせずにスタンバイしていました。
門の前で金属探知機で車のチェック、さらに車の中の荷物もチェックされます。
 
ようやくホテルの敷地内へ、車寄せのあるアライバル・パビリオンへの到着です!
まるで体育館のような大きなパビリオンの中の車寄せには、なんだかゴチャゴチャとひとがいっぱい。
お客様の荷物をカートに積み替えたり、車を誘導したりするスタッフのようです。

階段を10段ほど上がると、広〜〜〜いロビーが出現、真正面にはインド洋がど〜〜〜〜ん!!!
 
思わず「うわぁ〜〜〜♪」と声を上げるほどの絶景です。
このインパクトは想像以上、完全にノックアウトされてしまいました(*^_^*)
 
ここは、崖の斜面にあるブルガリホテルの最上部なので、ヴィラ全体も見渡せます。
冷たいお茶も頂きました。

ロビースペースには、PCが1台、そこにスタッフ2名ほどいましたが、ここでは事務的な手続きは一切行いません。
到着したお客様のお名前を確認し、お茶をサービスして、レセプションに連絡するだけ。
レセプションから担当スタッフとバトラーさんがやってくるのをここで待つ・・・
ただの車寄せ、そして単なるカート待合室といいうわけです。

なんたる贅沢な空間でしょう。

チェックインまで1時間ほどありましたが、すぐにヴィラへ案内されました(*^_^*)
ホテル内の道路
広い敷地内はほとんどが斜面、移動のときはカートを利用します。
 
特注のカートでしょうか、キレイなシャンパンゴールドです。
広めの道路や、車のUターンをするための広場もあちこちにあります。
アライバル・パビリオンからヴィラまでの移動のときに、スタッフが説明をしながらホテル内を一周してくれました。
とにかく広いです(*^_^*) そして坂道の急なことったら・・・
結構なスピードで走るカート、まるで遊園地の乗り物のようで、かなり怖いです。
  
通路の両側は石を積み上げた土手、植物が見事に調和しています。石畳も実に綺麗でした。
 
下から見上げるとヴィラがこんな風に!             緑は熱帯雨林の中にいるようです(*^_^*)

お客様の移動だけでなく、バトラーさん達もヴィラに行くときにはカートを使用します。
私達が散歩などしているときに、カーとのスタッフと出会うと、即座に車を停車。
通り過ぎるまで、ずっとそのまま笑顔でお見送り・・・ふぅ、お疲れ様です^^
 
ヴィラ内には、こんなお洒落な道案内が・・・これで迷うことはありません。
そう、ホテル内を散歩しているとときどき見かけるのが、お猿さん!
 
屋根の上をするするっと登っていって、てっぺんで見物?
人に危害は加えないので安心です。
レセプション、ショップ、ビジネスセンター
プールとレストランの間の坂道を上って行くと、大きな階段が出現!
 
階段左手はギフトショップ。バリのお土産やブルガリホテルのアメニティなどがおいてあります。
バリのお土産といっても、アンティークなものなどかなり高価なものが多いです。
アメニティは、バス用品からローブ、ヴィラ専用のキーホルダーまで揃っています。
 
ギフトショップの向かいにはブルガリストアがあります。
ローマや東京のブルガリストアでは、スタッフは背広ですが、ここではポロシャツにチノパン、バリらしいです^^
ストアの中には、東京などと同じようにジュエリーやバッグ、その他いろいろと。
シリアルナンバー入りのバリ限定腕時計を薦められました。  ただ今900番あたり。
お誕生日のナンバーを買う方が多いとか。

階段を上りきるとそこがレセプションです。こちらも広いです。
このホテルでは、チェックインもヴィラで行うので、ここではチェックアウトのみ。
ヴィラ内で何かあるときには、直接専属バトラーに電話がつながりますし、
それ以外の用事もそれぞれ直通ですから、レセプションにはあまり用がない!
スタッフ2名だけで、ひっそりとしてました^^
 
ここも驚くほど天井が高く、オープンエアー。
すぐ横にはビジネスセンター、こちらもまたPC2台とは思えない広さです。
 
入り口には、おしぼりとブルガリオリジナルのミネラルウォーター。
このミネラルウォーターは「ノルウェイ直輸入の天然水!」だそうで、ヴィラの中にもあちこちに置いてあります。
PCの壁紙はもちろんブルガリのロゴ。
空いていればいつでも自由に使えて、インタネット接続、印刷もできます。
デジカメの写真をUSBメモリーに取り込むため、2度ほど利用しましたが、誰にも会いませんでした^^

PAGE TOP

バリ島旅行記 MENU

ヴィラ・アイル・バリ

ブルガリ ホテルズ&リゾーツ

バリの街歩き

バリ島旅行 準備&情報