BALI TOP >>ブルガリホテル >> リビングスペース
私達が宿泊したオーシャンクリフヴィラは
ブルガリの部屋としては、一番狭いわけですが、
それでも300u!
十分豪華で広いです(*^_^*)

高い塀で囲まれたヴィラ内は、たくさんの植物。
そのひとつひとつがとてもよく手入れされています。
天井や柱、椅子やクッションひとつに至るまで、
すべて計算し尽くした調和の取れた美しさ・・・

デザインだけでなく、使い心地も最高でした。
(私の技術ではカメラに収めきれませんでした)

エントランス
入り口のドア、重厚な作りのドアですが、その大きさにまずビックリ!
  
閉まっているとよくわかりませんが、170センチ以上あるrieがこの小ささ、いかに大きなドアかおわかりでしょう。
中に入ると、まずはオープンエアーのリビング越しにインド洋が目に飛び込んできます。

ヴィラの番号はこんな感じ!        大きくて重い鍵とキーホルダー      ソファの後ろには傘立てに番傘も^^
  
キーホルダーはギフトショップにもありましたが、大き過ぎて普段使いには不向きかなと^^
リビングスペース
エントランスを過ぎるとオープンエアーのリビングスペース。広々しています。

二人でもゆったりのソファと4人掛けの大きな丸テーブル。
 
ソファは非常にゆったり、奥行きが1m以上。 丸テーブルも4人でコース料理が食べられそうな大きさです。
散歩から帰るとアフタヌーンティの用意がしてありました。食器はバリ風のブルガリオリジナル!
丸テーブルの横には同じ素材のキャビネットがあります。中は冷蔵庫と食器やグラスなど。
 
飲み物やお菓子などは、すべてチャージされます。
 
冷蔵庫の横には、電気ポットとブルガリのミネラルウォーター!グラスもオリジナルだと思います。
天井の高さはこのとおり! バリ独特のアランアランですが、とてもきちんと綺麗に作られています。
リビングとベッドルームの間は、何故か屋根も別。雨が降ると行き来が大変そうですね^^
 
入り口のガラス扉は、綺麗に磨き上げられ、外の景色が映っています。
 
室内への入り口の扉は両開き、リビングから見たベッドルーム・・・このガラス戸も全部開きます。
床。柱などは、すべてバンギライ・ウッドとう木だそうですが、色合いがとてもステキです。
リビングと寝室の間は屋根が開いているので、下も雨がたまらないようスノコになっています。

夜のリビングスペース・・・!
スタンドライトは3つだけ。あとは間接照明。かなり暗いですけどロマンティックです^^
 
月がボンヤリ・・・キレイでした(^○^)
 
ヴィラに到着した際に、スタックから注意されたこと・・・それはお猿さん!
リビングに侵入してきて、なんでも持って行ってしまうのだとか。
ホテル内でも見かけましたが、すっかり忘れていたら、朝やってきました。
 
塀の上から覗く親子連れ!                     テーブルの上を探し回り・・・
 
ブールサイドで遊びまわり・・・                   ディベッドの横で寛ぎ・・・
30分ほどするとすぅーっといなくなりましたけどね。
人間に危害は加えないそうですが、光るものとかなんでも持ち去るそうで。
室内のドアはきちんと閉め、リビングにはものを置かないのが、ブルガリホテルの鉄則です(^.^)
プライベートプール
各ヴィラには小さな^^プールがあります。デッキチェアも2つ。そのからの視界は180度インド洋です!
 
ちょっと植木が伸びすぎのように感じました。もっと刈り込んであると、海がきれいに見えるのに・・・
ビーチへ行くとすごい風ですが、ここは両サイドに高い塀があるためか、風はまったく感じません。
深さは1.3mくらいでしょうか。端は階段になっています。

パラソルはとても重くて私達には動かせず、バトラーさんに来てもらう始末・・・お手数かけました(^_^;)
朝もやの中のプール、ベッドルームからは、まるで鏡のように見えます!


PAGE TOP

バリ島旅行記 MENU

ヴィラ・アイル・バリ

ブルガリ ホテルズ&リゾーツ

バリの街歩き

バリ島旅行 準備&情報